会社案内
HOME > 会社案内 > 沿革
沿革
1902 明治35年 丸玉製軸工場にてマッチ軸木製造開始
1910 明治43年 木製ロータリーレース創案製作し、合板製造開始
1917 大正6年 丸玉鈴木商工株式会社設立
1925 大正14年 丸玉ベニヤの津別工場発足
1933 昭和8年3月 北海木材株式会社に改組
1943 昭和18年8月 松下航空木材株式会社と社名変更(松下電器産業団と提携)
1945 昭和20年8月 松下木材株式会社と社名変更
1946 昭和21年12月 財閥解体 松下電器産業団と分離
1949 昭和24年8月 丸玉木材株式会社発足
1950 昭和25年12月 合板工場建設完成操業
1951 昭和26年11月 津別病院開業
1957 昭和32年9月 ランバーコアー工場操業(津別工場)
1959 昭和34年2月 我が国最初のプリント合板製造 大阪工場完成操業
1961 昭和36年9月 ガソリンスタンド津別開業
1962 昭和37年9月 フローリング・モザイクフローリング工場操業(津別工場)
1963 昭和38年7月 パーチクルボード工場操業(津別工場)
1964 昭和39年2月 ラミネーター工場操業(大阪工場)
1965 昭和40年5月 プリント合板製造 茨城工場完成操業
1967 昭和42年12月 ラワン合板製造 舞鶴工場完成操業
1970 昭和45年6月 フロア製造工場操業(舞鶴工場)
1972 昭和47年5月 新製材工場操業(津別工場)
1974 昭和49年1月 丸玉産業株式会社と社名変更
1974 昭和49年5月 銘木突板合板工場操業(津別工場)
1985 昭和60年7月 長尺合板・LVL(単板積層材)製造設備完成 (津別工場)
1987 昭和62年9月 針葉樹構造用合板製造設備完成 (津別工場)
1988 昭和63年10月 フロア製造新工場操業 (舞鶴工場)
1989 平成元年12 ショートサイクルプレス自動ライン完成(茨城工場)
1990 平成2年9月 NCVインテリアパーツライン完成(舞鶴工場)
1994 平成6年5月 造作部材全自動製造設備完成(舞鶴工場)
1995 平成7年6月 クローゼット扉自動製造設備完成(舞鶴工場)
1996 平成8年9月 パーチクルボード自動ラミネートライン完成(茨城工場)
1996 平成8年10月 ポストフォーム設備完成(茨城工場)
2000 平成12年2月 針葉樹構造用合板第一ライン落成(津別工場)
2001 平成13年5月 木材加工賞、市川記念賞受賞
2002 平成14年3月 農林水産大臣賞(木材供給システム優良事例コンクール)受賞
2002 平成14年4月 PURライン完成 (茨城工場)
2004 平成16年3月 マルチハイブリッドライン完成操業(舞鶴工場〔OM15工場〕)
2007 平成'19年2月 バイオマス発電開始
2007 平成19年3月 針葉樹構造用合板第二ライン落成(津別工場)
2008 平成20年6月 北海道省エネルギー・新エネルギー促進大賞(津別単板)受賞
2008 平成20年12月 第13回『新エネ大賞』経済産業大臣賞受賞(津別単板)受賞